FC2ブログ
 
画像1 画像2 画像3 画像4 画像5 画像6 画像7 画像8 画像9 画像10 画像11 画像12 画像13 画像14 画像15 画像16 画像17 画像18 画像19 画像20 画像21 画像22 画像23 画像24

≫ EDIT

平和な日常

 出張明けが連休で助かりました。

 お店の棚も徐々に埋まりつつあります。
 まだスカスカの場所もあったりしますが・・・

 スカーっと広がった青空
 なんとなく なんとなくなんですが、紅葉し始めた木も・・・

 昨日、ゆっくり水換えして、今日、お魚たちをじっくり観察できました。

 60凸型水槽

60凸型

 赤いベタさんは相変わらず後ろの方でひっそりしていることが多いです。
 飛び出し・埃まみれ事件以来、自信をなくしたような感じが気になります。
 ゆっくり語り合えればいいのだけれど・・・

 コリ・ジュリー、3匹で仲良く餌を食べたり泳ぎ回ったり・・・
 もうちょっと賑やかな方がいいかなぁ

 中層を泳ぐ子がカージナル2匹だけになっちゃいました。
 ここも数を増やしたいけど、どんな子にするか悩んでます。


 25キューブ水槽

25キューブ

 石の後ろがブセの養生スペースになっていますww
 もうすぐ立ち上げから1年になります。
 リセットするならこの水槽かなぁって思ってるんですが、やるとしてもまだ先ですね。



 安定の60ワイド水槽

60ワイド

 パンダの稚魚が2匹、成長中です。
 3匹いたはずなんですが、出張中に1匹減っていました。
 う〜ん、稚魚にはこまめに餌をあげないとダメですね。
 餌をあげていても落ちることはあるんですが、ちょっと後悔しています。



 60プレコ水槽

60プレコ水槽

 酸欠の悲劇を乗り越えて、今は何もなかったかのような静けさです。
 ガラス面とかもう少し綺麗にしてから撮影すればよかった orz

 あっちこっちにシッポがww
 頭だけはくぼみに突っ込んで隠れてるつもりなんでしょうね


 今日はネグロくんが割と前に出て来てお仕事してくれました。

オトシンネグロ

 オトシンクルスと比べると長生きな気がします。
 繁殖例も目にしますが、うちではそこまでいかないなぁ・・・


 60凸型水槽の動画です。



 なにも問題が起きない平和な日常・・・とても幸せなことですね。


写真館はこちら>フリッカー

動画チャンネルはこちら>YouTube

| 水槽 | 20:53 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

うみの杜水族館

 島根出張に続いて11日から仙台に行っていました。
 仕事の方は順調にこなして、半日の自由時間をひねり出しww

 うみの杜水族館に行ってきました。

 仙台駅から仙石線に乗って20分くらい
 最寄りJR駅から徒歩20分強
 シャトルバスもあったようですが、案内を見落として、テクテク歩いて・・・

うみの杜水族館1

 仙台港近くです。
 エントランス前は広々としています。


 入場料を払って中に入ると・・・まず日本の海・東北のうみから始まります。

うみの杜水族館2

 どんな海・・・
 と歩みを進めると

 天井に水槽が!

うみの杜水族館3

 牡蠣かと思ったらホヤが吊るされて、小型のサメが泳いでいます。
 うん、斬新!
 キャラ立ちしててナイスですww


 そこから少し進むとメイン水槽が!

うみの杜水族館4

 イワシの群にサメやエイ、根魚が舞泳ぐ大きな水槽

 カップルで来たら、「わぁ〜」って歓声をあげるお約束の場所ですよね。
 遠足の小学生か赤ちゃん連れの家族 or 若いカップル・・・の中にネクタイ締めたスーツ姿のおじさん一人
 もう慣れちゃいましたww


 全体的には中規模の水族館で、一通りなんでも揃ってる感じ
 カワウソさんやイルカ、アシカ、ペンギンなどお魚以外の海獣たちも割と豊富でした。

 カメラを向けたくなったのは、昆布モリモリのこの水槽

うみの杜水族館5

 ね、いい迫力でしょ

 イルカショー、かなり練度が高いと思いました。
 トレーナーのお姉さんと相棒の呼吸もぴったり

 ただ、エンターテインメントに特化しているというか・・・
 あれだけ信頼関係ができているのなら、イルカのことを学べるようなショーの組み立てもありかなって思うんですよね。

 たまたまですが、セーリングW杯の開会式で非難浴びていましたね。
 先方の言い分もわからんでもないです・・・

 まぁ、開会式のプロデューサーの見識が狭かったんだろうなぁとしか・・・
 良かれと思い、楽しんでもらえると思い、準備したのは間違いないし、でも、相手の感性が全然違うベクトルを持っていた・・・自分なら気づけたか?って聞かれるとやはり同じ間違いをしそうだなぁって思うんです。

 海の哺乳類は知能も高いから・・・という説明されるけど、そもそも知能ってどれほど正確に定義され、測定されているのやら
 知能の高い低いで命の尊さを分けてしまうというのは、諸手を挙げては賛成できないんですよね。

 ありゃ、変な方に話が行っちゃいましたねww


 そうだ、そうだ、仙台といえば牛タン
 食べに行って来ました!
 司 虎横店
 牛タンも美味しかったけど、働いてるお兄ちゃんたちがイケメン揃いなのにビックリ!
 仙台行ったら、やはり食べるべきだと・・・思います!?


写真館はこちら>フリッカー

動画チャンネルはこちら>YouTube

| 水族館 | 22:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブラックアウトを乗り越えて



 出張中の停電は全く想定していませんでした。

 いままで数時間程度の停電ではなにも対策しなくても、まったく問題は発生していませんでした。

 停電すると、電源を必要とするすべての機器がストップします。
 当たり前ですね。

 1.照明

 2.フィルター

 3.エアレーション

 4.ヒーター・クーラー

 人によっては電磁弁タイプのCO2添加装置も・・・

といったところが、どなたも使用されている機器ではないかと思います。

 私、出張や帰省の関係で10日ほどまでなら水槽を放置したことがけっこうあります。
 最初のうちは、エサが必要なんではないかとオートフィーダーも使用したことがあるんですが、過剰散布事故以来、使っていません。使わなくても、エサ不足で落ちるようなことは起きていません。
 まぁ、どの水槽にもエビさんがいるんで、稚エビや微生物がエサになっているのではないかと思っています。

 電気に問題なければ、タイマー管理または24時間稼働ですべてがうまくいきます。

 でも、その大事な電気がストップしたら・・・

 停電時間、季節や飼育状態にもよるんだと思いますが、数日程度の停電なら、1~4の優先順位は、
 3 ≒ 4 > 2 >> 1だと痛感しました。

 まぁ、照明は点灯しなくても・・・ね。
 水草の成長とお魚の体内時計に少し影響する程度・・・じゃないかな

 2の必要性がけっこう主張されますが、私、水槽メンテ後にフィルター再稼働忘れってけっこうやったことあります。
 立ち上げ初期の水槽なら、水質悪化がすぐに起きるかもしれませんが、立ち上がってから時間の経過した水槽なら底床や石、流木に付着した微生物群でも結構な処理能力を有していると感じています。

 4は周囲の環境にもよりますね。
 真冬、真夏で水温が激しく変化すると、かなりのダメージが出そうな気もします。
 たまたま今回は部屋の中の温度が20℃ちょっとの時期だったんで、そのダメージはなかったみたい

 真夏でエアコンストップしたら40℃を越えるような部屋なら、これが致命的になりそうな気がします。
 ただ、高水温時の生体の不調の原因の一つに溶存酸素の濃度低下があげられます。

 もし、停電時もエアレーションができたら・・・
 溶存酸素の確保と気化熱による水温低下の両方が期待できます。

 エアレーションさえあればすべて解決・・・ってわけではないと思いますが・・・


 で、ちょっと調べれば電池稼働のエアポンプがそれほどお高くない値段で販売されています。



 単一電池2本で30時間稼働してくれるらしいです。

 自分がいるときの停電なら、停電してから設置、稼働で問題ないんですが、今回みたいに出張中に停電発生したら・・・

 う~ん、停電を検知して電池式ポンプのスイッチをオンしてくれるようなものってないかなぁ・・・
 ちょっと勉強しなければ!

 それなのに、火曜からまた出張
 戻りは土曜日

 計画停電も噂されているんで、ちょっと心配です。


写真館はこちら>フリッカー

動画チャンネルはこちら>YouTube

| 水槽 | 18:17 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

著作権表示