画像1 画像2 画像3 画像4 画像5 画像6 画像7 画像8 画像9 画像10 画像11 画像12 画像13 画像14 画像15 画像16 画像17 画像18 画像19 画像20 画像21 画像22 画像23 画像24

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Merry Christmas!

 サンタは来てくれるかなぁ
 煙突は細いから入れないと思うけど

 今朝は車庫の屋根に登って雪下ろし&排雪作業
 けっこう膝にきています。

 ホームセンター行って、流木を買い足して、頑張ってみたけど、悪い癖が出て、「ま、いいや、こんなもんでしょ」病www

 余ったブセは

ブセ1

ブセ2

ブセ3

 35cm X 25cmのトレーに2.5杯分です。
 95%がクアラクアヤンII
 あと、シンタン、カユラピス、シンタン・ムラウィです。

 お一人に全部差し上げてもいいのですが、これだけあると60水槽でも余っちゃうかも
 今年いっぱい申し込みを受け付けますね。
 skskさんからは既に”欲しい”問いう意思表示はいただいています。
 3人以内なら、適当に分けて送ります。
 それ以上なら・・・どうしましょ
 その時はクジでもやらせてください。
 この時期、発泡スチロールじゃないと凍らせてしまいそうで。
 手元に箱がそんなにないんですよね。

 あ、もらって頂ける条件として
1. 着払いで引き受けて頂けること
 北海道からです。一番小さいサイズの宅配便で送ります。
2. 厳寒期ですので、寒さのダメージがあるかもしれないこと
 発泡スチロールの箱に入れて、少しでも保温できるように30℃に温めた保冷剤を入れておこうと思います。
3. スネール、その他のお呼びじゃない生体がくっついていくかもしれないこと
をご理解の上、ノークレーム・ノーリターンでいいよという方、コメント欄にブセ希望の旨お伝えください。
 締め切りは12月31日午後5時とします。


 で、水槽の方はというと

プレコ水槽

 こんな感じになりました。
 はい、そこのあなた、突っ込まなくていいですからね
 「どこ変わったの?」
 自分で思いますwww

 ディフューザーの勢いが増して、水槽内の細かい気泡が増えました。

 入れ替えのときに撮影したプレコたちです。

タイガープレコ

 タイガープレコです。
 2011年12月のお迎えなんで、丸5年になります。
 3匹いるんですが、みんなオスみたい
 しょっちゅう産卵筒の取り合いをしています。

クィンペ

 金沢のざかりあさんとこからお迎えしたクィンペです。
 こちらは4年越えかな?
 ペアで連れ帰ったんですが、不慮の事故で相方を失ってしまいました。

キンペコ

 この子はうち生まれのキンペコです。
 まだ1歳ちょっとかな?
 バンドも太いし、5cm強といったくらいです。

キンペコ稚魚

 ちっちゃい子たちを集めてみました。
 1匹、3ヶ月の子が混じってるみたいです。
 その子を除いて10匹いるみたいです。
 どうやら放流した10匹、みんな元気に成長しているようです。

 プレコ全員、ちゃんと撮影してあげたかったのですが、衣装箱水槽に残っているエビを見ていたら・・・
 なぜかイライラしてしまって・・・

 さて、残すところ今年も1週間ですね。
 みなさんのところにも素敵なクリスマスプレゼンとがありますように

 Merry Christmas!


写真館はこちら>フリッカー

動画チャンネルはこちら>YouTube

| 水草 | 20:50 | comments:21 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブセ畑?

 プレコには朝夕2回餌をあげてるんですが、コケることもなく、ブセたちがスクスクと育っています。
 ミナミヌマエビの数が半端ないせいかなぁ

 昨日、サブ(エーハ2213)とメイン(テトラEX75)の外部Fを掃除して、ウールマットとソイルを交換しておきました。

 ちょっと濁り気味だった水も今日はスッキリ

ブセ畑

 いつの間にか畑みたいになっちゃいました。

カユラピス他

 中央部はカユラピスにスカダウ・ヒリII、クダガンもそれなりに群落っぽくなってきました。

 キンペコの数が一気に増えたんで、隠れ家になる場所もたくさん作ってあげないといけないし

 今年の暮れはリセット予定もないから、がっつり刈り込んで、いっぱい送り出そうかと目論んでいます。


写真館はこちら>フリッカー

動画チャンネルはこちら>YouTube

| 水草 | 20:47 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

この〜木、

 なんの木

 気になる木

ブセの木1


 ブセを付〜けた

 木ですから

ブセの木2


 ブセ〜が茂る〜

 木に〜いなるでしょう


 なったらいいなぁ


写真館はこちら>フリッカー

動画チャンネルはこちら>YouTube

| 水草 | 23:08 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブセ トリミング

 三連休の中日、皆様、いかがお過ごしでしょうか?

 私は特に予定もなく、ホームセンターをのぞいたり、流木拾いに行ってみたりしたのですが、さしたる収穫もなく・・・

 なんか寂しい連休?


 いえいえ、水槽をいじれればこの上ない幸せ
 ということで、白い妖精水槽の外部Fのメンテと昨日、気になっていた60ワイドのクアIIのトリミングしてました。

 60ワイドの正面

60ワイドトリミング前1

 この左奥が密になってきてまして

60ワイドトリミング前2

 上から見ても

60ワイドトリミング前3

 こんな感じで、ブセたちの「狭いよ〜、辛いよ〜」という声が聞こえてきそうです。


 有茎草のようにトリミングラインがあるわけでもなく、

 株をめくり上げながら適当なところで”チョキン”ww

 簡単なもんです。

 そんでもって前景草のように浮いてるゴミの処分もいらないという!


 トリミング後、こんな風になりました。

60ワイドトリミング後1

 1枚目の写真と比べても、大して変わらないですねww

 寄ってみても

60ワイドトリミング後2

 う〜ん、少〜し透けるようになりましたかね

 カットされたブセは

クアラクアヤンII

 プッカ〜〜www

 全部で4株
 でも、1株に3、4個の頂芽があるからカットすれば3倍くらいの数になります。

 とりあえず伸びた根をまとめて、鉛を巻いてプレコ水槽に沈めておきました。

 どなたか要る人います?
 物々交換とかできたらいいなぁなどと思っているのですが・・・
 私がもらえたらなって思ってるのは、モスのウォーターフェザー、プレミアムモスなんか
 あと、枝流木とか
 どれか一つでいいし、量は関係ありません。
 もし、”交換してもいいよ”という方は鍵コメでご連絡いただければ嬉しいです。

 虫が良すぎるかなぁ・・・
 まぁ、2、3日経ってもどなたも反応ない場合は交換希望の部分は削除しますね。


写真館はこちら>フリッカー

動画チャンネルはこちら>YouTube

| 水草 | 18:59 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

うちのブセの育て方

 本当に寒くなりました。

 峠では雪も積もったらしいです。

 長袖シャツ1枚では足りなくて、カーディガンを羽織らないといられないくらい・・・

 水槽の水をほんのり温かく感じるようになりましたww
 濡れた手はすぐ拭かないと冷たいですけどね。


 先日ブセを送らせていただいた方から、「ブセの管理で気をつけてることある?」って聞かれたんで、ついでにこっちにも残しておこうと思います。

 今日の水換え後の60白い妖精水槽です。

60白い妖精水槽

 ここんとこ、ボルビの成長が目に見えてきたような気がします。

 さてさて、ブセ水槽で気をつけていることですが・・・

1.光量
 よくコケまみれになってしまうという話を聞きます。
 有茎草や前景草に使うレベルだと強すぎると思います。
 うちでは60規格水槽で蛍光灯20W1本でも十分育っています。
 むしろ光弱めの方が深い緑色になってブセらしい葉が育つんじゃないかと
 撮影の時だけ、じっくり眺めるときだけ、光を強くすればいいですよね。

2.水流
 あまり強い水流は必要ありませんが、活着で育成する場合、水槽全体に水流が行き渡るようにした方が健康的に育っていると感じています。きっと栄養分を運んでくれているんでしょうね。
 水が澱むと、突然根が腐ってきたりしました。カユラピスでは痛い目に・・・

3.肥料
 これが一番厄介かもしれないですね。
 魚や使用している水とも関係することですから一概には言えないと思いつつ
 私の場合は水換えのたびにジェックスの水草一番栄養ブロックを1粒、エフイーエナジーアクア濃縮タイプを規定量(10滴)入れています。

4.CO2添加
 2年半前までは添加していました。今はしていません。
 間欠エアレーションで十分に成長しています。
 ブセってレッドビーをおやりの方が結構育成されてるじゃないですか。
 レッドビーの場合はエアリフトの底面Fの水槽が多いと思うんですが、これがちょうどいいのではないかと
 空気には約0.5 %のCO2が含まれています。
 エアレーションで空気からCO2を供給してあげるだけで、ゆっくり成長するブセには十分だと思っています。

5.株分け
 増やしたい時は、葉が5枚くらい増えたところでピンチカットしています。
 根は傷つけない方がいいと思いますが、間違えて一緒にカットしてしまっても成長の勢いがついている頂芽側は全く問題ありません。すぐに新しい根を伸ばし始めます。


 ブセの育成で気にしている点は、こんなところです。
 まあ、これも備忘録として記録しとこうと思います。

 60ワイド水槽を斜めから

60ワイド水槽

 後ろのクアラクアヤンIIがかなり厚みを増したので、こっちもそろそろピンチカットしなければと思う今日この頃

 でも、もう移動先がないんですよね orz


写真館はこちら>フリッカー

動画チャンネルはこちら>YouTube

| 水草 | 18:16 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

著作権表示