画像1 画像2 画像3 画像4 画像5 画像6 画像7 画像8 画像9 画像10 画像11 画像12 画像13 画像14 画像15 画像16 画像17 画像18 画像19 画像20 画像21 画像22 画像23 画像24

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

現有水槽

 時間の過ぎるのは本当に早いですね。

 立ち上げたとき、追加植栽したとき、お魚をお迎えしたとき、その時々を重ねて今の水槽があるわけで・・・


 たまに忘れないように、全部一緒にあげておこうと思います。


 1本目
 スタートは石組水槽、いまはブセ水槽と呼んでます。
 立ち上げは2013年のGWでしたから、2年半が経過しました。

ブセ水槽

水槽:エーハイム EJ-60
    (60×30×36cm)
ろ過:外部フィルター テトラユーロEXパワーフィルター75
   リングろ材、活性炭、ウールマット、ソイル
照明:ジェックス クリアライトCL603(1灯のみ点灯)
生体:アクセルロディブルー7匹
   レッドファントムテトラ3匹
   コリドラスパンダ3匹
   コリドラスアドルフォイ2匹
   ベタ1匹
   ミナミヌマエビ まあまあ
   ラムズホーン 少し

 ここ1ヶ月くらいでアクセルロディブルーが1匹、レッドファントムテトラが3匹減りました。
 うち亡骸を回収できたのはレッドファントム1匹だけ
 最近、黒ヒゲが多くなったなって感じることと関係していそうです。



 2本目
 去年の暮れに立ち上げたうちのメイン水槽
 そろそろ1年になります。

60ワイド水槽

水槽:GLASIA ワイド GL-600W(60×45×45cm)
ろ過:外部フィルター コトブキSV-9000
   リングろ材、活性炭、ウールマット、ソイル
照明:ヴォルテスWhite 30W 2灯
生体:コリドラスパンダ17匹
   コリドラスジュリー1匹
   ラスボラヘテロモルファ4匹
   トランスルーセントグラスキャット1匹
   ラミーノーズテトラ9匹
   オランダラミレジィ2匹
   ミナミヌマエビ・レッドファイヤシュリンプ そこそこ
   ラムズホーン 少し

 パンダたちは元気で、月に一度くらいは愛の運動会を繰り広げています。



 3本目
 うちで一番古いプレコ水槽
 3年ちょいになりました。

プレコ水槽

水槽:テトラ グラスアクアリウム GA―60T
    (60×30×40cm)
ろ過:外部フィルター エーハイム2213+2213サブ
   リングろ材、活性炭、ウールマット、ソイル
照明:ジェックス クリアライトCL632
生体:タイガープレコ3匹
   クィーンインペリアルタイガープレコ2匹
   キングタイガーペコルティア8匹
   グローライトテトラ4匹
   ミナミヌマエビ うじゃうじゃ
   ラムズホーン 少し

 お迎えして2年間、鳴かず飛ばずでしたが、去年の秋からキンペコが繁殖を開始。
 合計10匹の稚魚が育ちました。


 そして・・・先日公開した卵は・・・全滅しました orz
 前回の轍を踏まない工夫をしたつもりでしたが、あっけなく・・・
 やはりお父さんにはかないませんでした。



 4本目
 2ヶ月前にスタートしたミニ・テラ水槽

 ミニテラ水槽

水槽:ジェックス マリーナ クリア 200
    (200×160×260)
ろ過:底面フィルター バイオフィルター ミニ
   ジェックス コーナーパワーフィルター F1直結
照明:ヤザワコーポレーション ダイヤリフレクタークリップライト
    20W
生体:スカーレットジェム2匹
   クラウンキリー3匹
   ミナミヌマエビ 10匹未満
    (ただいま抱卵中)
   ラムズホーン 何個か


 以上が”持ちたい”意識を持って維持している水槽すべてです。



 そして、今日、あらたに1本立ち上げました。

 20 cmキューブ病院水槽

病院水槽

 はい、60ワイド水槽のヘテロモルファ1匹が尾腐れ病のような症状を見せていました。
 さらにブセ水槽の最古参レッドファントムの尾ビレも欠けていました。
 こちらはベタの攻撃で削られたかもなのですが、年も年ですので病院に隔離しました。
 アグテンの規定濃度の3/4で様子を見ようと思います。

 隔離直後、ヘテロはバランスが取れないような泳ぎを見せたので”ヤバイかも”と真剣に心配しましたが、10分もすると落ち着いて泳いでいました。
 回復して欲しいです。

 あと、ラミーノーズの1匹が群れから離れてヨタヨタ泳いでいます。
 なんとなくこちらの方が命のロウソクが短い気もするのですが、見た目に病気の症状もないので水槽に残したままです。

 水槽遊びを始めて丸6年が経過しました。
 最初からいてくれるお魚たちもそうとうな高齢に・・・
 天寿を全うしてくれますように!


写真館はこちら>フリッカー

動画チャンネルはこちら>YouTube

| 水槽 | 17:08 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015/11/21 19:27 | |

病気の恐れのある個体は
回復すると良いですね(*´ω`*)
生体の平均寿命を迎える・超えると
残り少ない時間が余計に愛おしさを
増してきますよね・・・
生命の誕生から生命を全うする・・・
だからこそ輝いててかけがえのないものだから
惹かれるんでしょうね・・・
なんか難しい話になってしまいましたw

| AD | 2015/11/21 20:09 | URL |

> 鍵コメさま

 コメントありがとうございました。

 最初からすごい話題をぶっ込んできましたね(笑)

> 過去記事等を拝見しましたが水質的な事に触れられていない気がします。
> 魚も水草も同等にキレイに管理できるのは「水」だと思っております。
〜〜中略〜〜〜
> のっけさん地方の水情報を教えてください。

 おっしゃる通り、水がとても大切であり、合わせてその地方で簡単に入り込んでくる微生物とのバランスで決まるんだと思っています。
 お魚の選択やエサ、ソイル、調整剤は市販品を買うことで人様の真似をすることが出来ますが、源水(ほとんどは水道水)と微生物はどうしようもないのではないかと・・・
 微生物も市販のものを添加することが可能ですが、けっきょく地元の菌に席巻されてしまうのではないかと・・・

 このブログの前に住んでいたSNSでは水質についてもいろいろ遊んだりしてはいたんですよ。
 でも、行きつくところ、育つ水草は繁茂し、合わない水草は衰退していく・・・から、育ちやすい水草に注力するスタイルに変わったのが現在です。
 とか言いながら、きっとそのうち、またいろんな水草に手を出すんでしょうがwww

 さて、私が使用している水ですが、水道水をポリタンクに取り、調整剤(エーハイム4 in 1)をほぼ規定量加えて加温してから使用しています。
 調整剤添加後のpHは6.8程度、導電率は220 μS程度です。
 浄水場が公表している値は、硬度(Ca, Mg等)27 mg/L、遊離炭酸5.7 mg/L、蒸発残留物69 mg/Lといった値です。

 水槽の水質はpHがだいたい6.4程度、導電率は200 〜 250 μSといったところです。

 水草水槽も底床にはソイルを使っていません。主役がコリなもんで・・・
 敷き分けで使っていたこともあるんですが、結局ほじくり返されるから・・・使うの諦めました。
 そのかわり外部Fに500 mLくらいを仕込んで2、3ヶ月に1度交換するようにしています。
 ソイルがpHを調整してくれたり、有機酸や様々な有効成分をいい感じで放出してくれていると“信じて”います(笑)

 まずはこんなところでよろしいでしょうか?

 もしよろしければ、鍵コメさんの突き当たっている“壁”について教えていただければ幸いです。

| のっけうし | 2015/11/21 21:25 | URL |

> ADさま

 ADさんのコメっていつも早いですよねぇ
 感心します!

 言葉もないし、表情もないけど、その動きや反応を見ていると心が通じたと思えるようなときがあったり・・・思い込みなんですけどねww

 お魚に限らず、水槽の中すべてに責任があるわけで、神であり、奉仕者なんでしょうね。
 すべてが愛おしいですし、大切だなって思えます。

 だからいい写真を撮れたから“ハイ次”ってリセットしたりできないなぁって・・・
 あ、問題発言かも・・・ね。(笑)

| のっけうし | 2015/11/21 21:34 | URL |

どれもすっごい長期維持で・・・そしてきれいな状態も保てて・・・ほんとすっごいです(๑•̀ㅂ•́)و✧
そしてどうしてもこれみると言いたくなる・・・・
のっけちゃんとであって2年半たったのかぁぁってwwww
あの時の水槽が今のあるっていうのがほんとに感動的です<(_ _)>

そしてコメントwww
すっげぇぇぇぇ!あらためてすっげぇぇぇぇ( ゚д゚ )
おいらも聞かれたときにこういうことサラサラとかける人間でありたい( ゚д゚ )
感服です<(_ _)>

| moomin | 2015/11/21 22:06 | URL | ≫ EDIT

> moominさま

 そうですね
 もうそんなに経つんだ
 いつもカバちゃんの構想力と実行力には敬服します。
 やりたいことが次から次に溢れてくるから周期が短いんだと思う。

 僕も今でこそ、基本的に1年以上の維持ですが、最初の2、3年は次々にトライしたいことが出来て、小型水槽を3、4ヶ月で使い回していました。

 数字にこだわった時期もあるんだけど、あんまり神経質になっても意味のないことだなって思えてきて。
 生き物と付き合う以上、“順応”という言葉がすごく大切なんだなって。
 順応できる範囲なら栄えるし、そうでなければ廃れるしかない・・・ですよね。

| のっけうし | 2015/11/21 22:35 | URL |

ありがとうございます。

いきなり生意気にも、壮大な質問をぶっ混んでしまいすみませんでした。
まさかここまで寛大な解答が返ってくるとは思ってもいませんでした。(^^;
私のぶつかってる「壁」はきっと硬水、軟水、塩分の問題なんだなと気づきました!
ありがとうございます。
またコメントさせていただきます。

| Watarin | 2015/11/22 01:18 | URL |

> Watarinさま

 あは、鍵コメの主がばれちゃいましたね(笑)
 あらためまして、初コメありがとうございました。

 わりとあの手の話は好きです。
 いろんな考え方や対応策があって、なにがベストとは言えないけど、自分なりの方法を見つけられるのがこの遊びの面白いところかなって思うんです。

 導電率=塩分と考えるのは危険です。
 有機酸や硝酸、亜硝酸でも変化しちゃいますからね。

 私がお伝えしたものも数値化できるものだけで、それ以外、数値に表れないものも水質、水槽環境に大きな影響を与えるものがたくさんあるんだと思います。

 数値に注意を払いながら、それにとらわれないこと、なによりお魚や水草の調子をよく観察することが大切なんだと思います。

 とどのつまり、私から「これ入れたらいいよ。」とか「こうすればよくなるよ。」って言えることは何もない・・・てのが結論だったりします。

 これからもよろしくです。

| のっけうし | 2015/11/22 14:43 | URL |

うーむ、うちも一通り綺麗にして現有水槽記事書けるようにがんばります!
目標は年内!(遅い!!

| Mocchy | 2015/11/22 22:42 | URL |

> Mocchyさま

 年内っていっても残り1ヶ月!
 遅くないですよぉ〜(笑)

| のっけうし | 2015/11/23 08:09 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kitamitech.blog25.fc2.com/tb.php/748-090832c5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

著作権表示