画像1 画像2 画像3 画像4 画像5 画像6 画像7 画像8 画像9 画像10 画像11 画像12 画像13 画像14 画像15 画像16 画像17 画像18 画像19 画像20 画像21 画像22 画像23 画像24

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

CO2について思うこと

 2ヶ月前にボンベが切れてからCO2添加をお休み中なのは、ときどき記事の中でお話ししているのですが・・・

 いつ頃からやってたんだろうとちょっと古い写真を漁っていたら・・・

30キューブ

 こんなのが出てきました。
 2009年12月30日撮影
 テトラの拡散筒ってヤツですよね。
 まぁなんとも見栄えが・・・

 水草も・・・これ水中で育つの?ってのまで
 でも某HCで水草として売ってたんですよ。

 ま、今日はその話じゃなくて、CO2

 水槽遊びを始めたのが2009年の晩秋でしたから、すぐにCO2に手を出してました。
 2010年の春には緑色のボンベにしてたと思います。

 以来、ほとんどの水槽にCO2を添加してました。
 信じて疑わなかったし、そこそこ水草は調子よく、お魚が調子悪いこともなかった・・・と思います。


 でもね、プレコ水槽、ソイルもないし、水草には環境悪いと思っていたんですが、ブセもミクロソもいい感じでボリュームアップするんです。
 CO2添加なんてするわけもなく、24時間常にエアレだけ



 で、今回のボンベ切れとともにCO2に別れを告げて、水草水槽もエアレに切り替えました。


 でね、ちょっと考えてみたんです。
 CO2添加とエアレ・・・


 川とか考えたら、まずCO2だけが添加されてるなんてないわけじゃないですか。
 水上の植物だって

 川は常にかき混ぜられながら水が流れ・・・そのときに空気中のガスが水に溶け込むわけですよね。
 空気中の二酸化炭素、およそ0.04%
 それと一緒に酸素や窒素も水に入り込むわけで、お魚たちにとっても水草にとってもそのバランスがこれまで慣れ親しんだバランスなのではないか・・・と


 いや、きっとね、成長がゆっくりな陰性水草、ブセやボルビ、ミクロソにとってはそのくらいのCO2濃度でも十分なのではと思うわけです。
 実際、ブセの新芽の成長度合いがかなりいい感じなんです。

 パールグラスとかロタラとか前景草みたいに高光量を要求するような水草には合わない話なんだろうとは思うのですが

 CO2が光合成に必要なことは当たり前
 私たちが呼吸で酸素が必要なことも当たり前

 でもね、酸素濃度が高すぎる(正確には酸素分圧ですが)と酸素中毒を引き起こし、命が危険に曝されることもあるわけで・・・
 なら、光合成するからといってCO2を強制的に与えられる状況って、見栄えは良くなっても健康じゃないのかも・・・って思い始めて・・・

 ただ今、実験中といったところです。


写真館はこちら>フリッカー

動画チャンネルはこちら>YouTube

| その他 | 23:01 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

すごく興味深いです。
多くのCO2を欲する種とそうでないのと
一緒に水槽に入っちゃってるから結果として
CO2を添加してるわけですが、
もしブセ畑なら、、、
もしアヌビアス密生群なら、、
もしかしたらわざわざ添加しない方がバランスはいいのかも、
っていう話ですよね。
じっくりと実験を楽しんでください^^
その結果を今後の私の水槽に活かしていこうという
なんともしたたかな私です^^;

| くれいんまん | 2015/07/01 08:37 | URL |

CO2無添加・・・
最近の水草界の常識(というかA〇Aの常識?)を覆してください!

緑の筒。。。
使ってた事あります。当時、中学生だったかな?
もう、30年も前・・・ヒエ~(>_<) 
当然、訳も解らず、「水草が良く育つ」って言葉だけを信じて。。。

結果は・・・(-。-)y-゜゜゜
そりゃそうでしょうね。
底床は、薄っぺらい砂利、水もできていないような状態でしたから。。。^^;

実験結果を楽しみにしています。
その結果を今後の私の水槽にいかしていこうという
くれさん同様、したたかな私です^^;

| ヨッシー | 2015/07/01 09:53 | URL | ≫ EDIT

自然の水系を再現する観点から
いうと、強制添加は不自然・・
もちろん、自然界では
水質・環境に応じた水草が
繁茂するんですものね。
相反する環境を好む水草を
同じ水槽で育てるのには
限界がある・・・のかな?

| golgo1300 | 2015/07/01 10:07 | URL | ≫ EDIT

こんばんみ!
流石は理系的な分析ですね~理系かどうかわかりませんが<(_ _)>
(正直、二酸化炭素を追加しといて何がネイチャーなんだよ!って思ったり)

そんな緑色した筒初めてみました!水草の保護色ということ?テトラ社だけにやっぱり緑色なんですね

思わずニヤッとしてしまうような水景
誰にもありますよね~はじめて、歴史がね
昔があって今があるんですよね~

未だに嫁にからかわれますもん!始めた頃のあの水草はなんだったの?って
素人相手にホームセンターの店員も酷いもんですー

あの左奥のナスみたいな葉っぱは何ですか?毒舌ですいません

| keibocchi | 2015/07/01 20:03 | URL |

Co2無し水槽・・・
あぁぁうちもブルカミアの水槽二つの内一つはCo2なしなんですが、モスはきれいに育っています。
う~~ん・・・・・
なんなんでしょうねぇぇえ
かばちゃんはもうほんとわからないから、あきらめて、モスが育つならモスを入れちゃえって感じでやっています。

| moomin | 2015/07/01 21:13 | URL | ≫ EDIT

> くれいんまんさま

 はい、概ねくれさんのおっしゃる通りです。
 多くの生物、微生物、お魚、エビ、貝、そして水草にも基本的には大気の組成でバランスが取れている水質が心地いいだろうなという考えです。あ、浅場の場合ですが。
 水槽の写真をアップするのがご報告になるでしょうか?

 もしも使える考えがあれば、どしどしご利用ください。
 でも、自己責任でね

| のっけうし | 2015/07/01 22:06 | URL |

> ヨッシーさま

 CO2添加の方が加速的に水草を育成できるのは間違いないですよね。
 1年ごとのコンテストに間に合わせるために、数ヶ月でレイアウトを仕上げるには有効な手段だと思います。
 そのこと自体は素晴らしい発見だと思うんです。

 時間をかけてゆっくり水槽を作り上げるとすれば、CO2に頼らないやり方もありそうだよなって程度の考えですwww

 ちょっと大袈裟に言い過ぎたかな?

| のっけうし | 2015/07/01 22:16 | URL |

> golgo1300さま

 そうですね。
 相反する水草、育ちの違うお魚を同居させること自体がいろんな無理を強いているのかもしれないですね。

 でも水草やお魚も生き物
 順応性も持ち合わせているから、可能なかぎり与えられた環境で栄えようともするんだろうと思います。

 あんまり難しく考えちゃいけないのかも・・・しれないですね

| のっけうし | 2015/07/01 22:24 | URL |

> keibocchiさま

 今見ると・・・ほんとにみっともないwww

 keibocchiさんに笑われたぁ〜〜

 左奥、すごいでしょ
 表は濃い緑、うらは赤紫で衝撃的な草でした。
 溶けたりはしなかったですが、ほとんど成長もせず、いつの間にか小さくなってなくなってました。

| のっけうし | 2015/07/01 22:29 | URL |

> moominさま

 ブルカミアシステムは吹き上げで水面を揺らして空気の入れ替えしてるんですもんね。
 育つものを育てるのも極意の一つですよね。

| のっけうし | 2015/07/01 22:46 | URL |

CO2

CO2添加が必要なのかどうなのか。
興味がありますね。
自然界では酸素も豊富でしょうしね。
どうなるのか楽しみです。
(^-^)/

| craft | 2015/07/01 23:54 | URL | ≫ EDIT

こういう記事大好き!
「常識」が正しいとは限りませんもんね。
Co2無しの方が育ったら、アクア用品メーカーから苦情が来るかもしれませんねw

| げいる | 2015/07/02 09:25 | URL |

のっけさん…深い!!
CO2と酸素の添加バランスを探るなんて、
新境地ですね…

私はもともとCO2無添加で色々やってたので、
のっけさんのおっしゃる事が少し分かります。
ちなみに自分が手がけた中では180cmを超える大型水槽だと
自然に溶け込むCO2とO2のバランスが安定するように
思います(個人的にですが)


アクアスタイルという雑誌が発売しましたので、本日
のっけ地方の大自然の店に送りました!
明後日には届いてると思いますので…
のっけさんにプレゼントとして渡してもらえるように、
上岡さんに伝えてありますので、
お手数ですが足を運んでいただけると幸いです(^^)

| Yoshitaka | 2015/07/02 16:38 | URL |

> craftさま

 目的ややりたいことに選択は異なるんだろうと思います。
 趣味の重きをどこに置くかで・・・

 ただ、この趣味を楽しむ上で、生き物とお付き合いしていること、命とお付き合いしていることは肝に銘じておこうと思っています。

 以前、とあるコンテストに出していらっしゃる方、水草のレイアウトはかなりの技量をお持ちとおぼしき方が「魚の調子がいつもよくない。でも、いいや」的な記事をアップされていました。
 なんだかとても悲しい気持ちになったことが忘れられません。

| のっけうし | 2015/07/02 17:46 | URL |

> げいるさま

 CO2が豊富で光があって、水があれば植物が光合成ができる。
 これは真実で、それぞれの濃度や強度が強ければ反応は早く進むことも“正しい”知識だと思うんです。
 CO2の強制添加というのは、そこを突いた賢い手法だということも

 でも、長期維持を目指すようになってからゆっくりでいいから健康に成長して欲しいし、お魚やエビや貝たちも居心地のいい水槽になったらいいなって意識するようになったんですよね。
 そんなころにプレコ水槽の調子よさが気になりだして・・・

| のっけうし | 2015/07/02 17:56 | URL |

> Yoshitakaさま

 なんか恥ずかしいですが・・・
 CO2と酸素の添加バランスは空気に、大気に委ねちゃおうというものぐさ手法です(笑)

 テラなんかは地上部を水が回って戻ってくるんで、エアレしなくても十分に空気と平衡に達してると思うんですよね。
 だから安定してるのかなって思ったりもしています。

 180・・・夢だなぁ

 え、そんな・・・
 お心遣い、感謝します。
 お言葉に甘えて日曜の午前中にお店に行ってみようと思います。
 流木付きブセを手みやげにwww

| のっけうし | 2015/07/02 18:02 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kitamitech.blog25.fc2.com/tb.php/685-087bfe6b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

著作権表示