画像1 画像2 画像3 画像4 画像5 画像6 画像7 画像8 画像9 画像10 画像11 画像12 画像13 画像14 画像15 画像16 画像17 画像18 画像19 画像20 画像21 画像22 画像23 画像24

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

キューバパールグラス絨毯への準備:底床

 昨日の”絨毯への憧れ”がブログ村・注目ランキングで2位と私の記事としてはめずらしく上位に食い込んでいます。
 ちょっとビックリというか、さすが「水草カテゴリー」というべきか・・・

 ただ、タイトルから期待してアクセスされた方が、”なんだ、当たり前の情報ばっかりじゃん”とガッカリされたのではないかと不安もよぎってしまいます。
 もしそうだったら”ごめんなさい”<(_ _)>

 自分のための備忘録的要素も多大に含んでいるため、キューバに関してはしばらくこの路線で続けていこうと思っています。


 さて、これまでのトライでもっともダメダメだったのが底床ではなかったろうかと考えています。

 私、水槽遊びを本格的に始めた初号機が底面ろ過と外部濾過の独立二重ろ過システムでした。

 それが思った以上の成功を収め、水草モリモリ、コリパン繁殖、ネオンテトラ産卵というおめでた続き。

60メイン-1期


 さらに初挑戦だった緑の絨毯・グロッソスティグマも底面ろ過で挑戦するという無謀さ。



 ところが、まぐれとは怖いもので、ちゃんと絨毯になってくれました。

 この成功体験が後々悪い方に尾を引くとは思ってもいませんでした。

 以降も新規立ち上げのたびに底面ろ過をシステムに入れ続けました。

 当たり前のことですが、底床中の可溶成分は底面ろ過の通水によって簡単に水中に放出されます。
 したがって、コケやすい。



 底床中に肥料成分がある間はキューバも元気に展開しようとしますが、底床中の肥料濃度は急速に低下し、それとともに”調子がいい!”と思っていたキューバも急速に伸張をギヤダウン

 結果、キューバの絨毯化計画失敗・・・orz


 ならば、これもセオリー通り、底床内肥料たっぷり+外部濾過オンリーで。

底床案
1.最下層:トロフィカル Base(マーフィード)
2.中層:水草一番サンド・ノーマルタイプ(ジェックス)
3.表層:プラチナソイル・スーパーパウダー(JUN)
の3層構造でいこうと考えてます。

 最下層として有名なパワーサンドが手に入らないんです・・・
 あそこの特約店が1軒、あるにはあるんですが・・・
 代役として、入手可能なトロフィカル Baseでいこうと思います。

 使用経験、おありの方はどんな感じか教えていただけると嬉しいです。


 中層は使用経験のある水草一番サンド
 肥料系として売り出しているソイルですよね。

 そして表層に田植えのしやすさからスーパーパウダータイプを選択。
 さらに、少しでも肥料分の溶出を抑えて欲しいと願いを込めて、吸着系と呼ばれているプラチナソイルを選択してみました。
 プラチナソイルが水草一番サンドの養分を吸着するとは考えていません。スーパーパウダーという細かい粒を使うことで通水性を抑え、底床中の養分が水中へ拡散して行くのを少しでも遅くしようという魂胆です。

 さらに、加温システムとして手持ちのマルチパネルヒーターも使用して、底床温度が下がらないような配慮も必要だろうと考えてます。


 恐らく・・・底床の設計がうまくいけば水草育成の2/3以上は成功するんじゃなかろうかと思っています。


 さて、基本設計ができたところで、レイアウトをどうするか・・・
 まず水槽サイズは?

 一応、続く・・・としておきますね。

 なんか、普通のことをただ小難しく書いてるような気もしてきて・・・


写真館はこちら>フリッカー

動画チャンネルはこちら>YouTube

| キューバパールグラス | 17:52 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お??おお!?!?!?
え?いまさらですが、絨毯計画って新規立ち上げる予定だったんですかぃ???
おぉぉぉぉ!!!
すごく楽しみにしてまーす

| moomin | 2013/11/17 18:22 | URL | ≫ EDIT

なるほどなるほど、参考になります。
理論的ですね〜

ちゃんと考えてセットし、それがうまくいったら喜びもひとしおですね!

底床にバクター100等のバクテリアは撒かない感じなのかと思ったら、トロフィカルbase自体に着いてるのですね!
パワーサンドみたいな感じでしょうか?

楽しみです〜(≧∇≦)

| トシオペア | 2013/11/17 18:34 | URL |

> moominさま

 はい、今の45ブルカミア水槽をたたもうと思っています。
 その場所に45か30を使って・・・と考え中。

 今月中に勝負に出たいんですよね。

| のっけうし | 2013/11/17 19:43 | URL |

原点回帰…参考にさせて頂きますです(`・ω・´)!!!
たのしみたのしみ・・・

パネルヒーターまで!すごそうw

| aquabox | 2013/11/17 19:51 | URL | ≫ EDIT

> トシオペアさま

 頭でっかちになりすぎるといいことないのはわかってるつもりなんですが・・・

 机上の理論と経験値がかみ合うのか、ミスマッチなのか・・・

 トシオペアさんとこはコケは収まりました?

| のっけうし | 2013/11/17 19:51 | URL |

> aquaboxさま

 以前目にした記事で、底床内の温度が意外と低いんだよというのを覚えてるんですよね。

 こちら、暖房が入っているとはいえ、室温がけっこう下がるときもあります。
 底面ろ過の場合は水槽水が循環してるんで底床内の温度も一定だと思うんですが、そうでない場合は室温の影響を受けるでしょうし。

 根から栄養を吸収する水草は底床内の温度も大事ではなかろうかと。

 ちょうど手持ちで寝てるのがあるんで、有効利用しないと(笑)

| のっけうし | 2013/11/17 20:04 | URL |

低床の設計…私が一番やってないことですわ☆
道理で、絨毯にならない…
次回は、ちゃんと低床、考えよう~
低床温度かぁ…確かになぁ~絨毯系には大切な要素かもしれない。とは思っているのですが。
パネルヒーターまでは行きつかないですね☆
さすがです~♪


| kotori | 2013/11/17 21:21 | URL | ≫ EDIT

> kotoriさま

 コメ、ありがとうございます。

 なんか大したことでもないことを、大袈裟に書いてるよなぁって思い始めてる部分もありまして・・・

 水槽の置いてある場所にもよると思うんですが、底床を傾斜つけたりしていると、厚い部分の底はかなり温度が低い可能性がありますよね。

 畑でも地温が低いと作物の育成が悪いですし、春先はマルチングといって地面を保温するような手当を施すときもあります。

 少しはお役に立てる情報があったらうれしいです。

| のっけうし | 2013/11/17 22:02 | URL |

低床選びは重要ですよね。
やはり自分なりのミックス加減を把握出来るように
なりたいですね〜
ミックスするといつも低床が厚くなってしまうのは
僕だけでしょうか?

| Honeyjapan | 2013/11/17 22:04 | URL | ≫ EDIT

Honeyjapanさま

 お忙しいのにコメント、ありがとうございます。

 ハニさんはたしかナンキスペシャルもアマゾニアも試してましたよね。
 ナンキってやっぱりいいですか?

| のっけうし | 2013/11/17 22:10 | URL |

のっけうしさんの本気の本気を応援します!

そんなにソイルをブレンドとは恐れ入った!
わたしなんぞ水草を始めたとき、ソイルというだけで全てがうまくいく気がしていました…
(今も…orz)

地中は肥沃で、水中は貧栄養がいいってこと?ですよね?(´・ω・`)

手を合わせて成功を願うばかりです

| ちっぷ | 2013/11/17 23:29 | URL |

> ちっぷさま

 コメ、ありがとうございます。
 本気というか、今度こそ成功させたいという想い・・・そっか、それを本気って言うんですね。(笑)

 はい、ご指摘の通りです。
 ストック水槽のガラス器は思いっきり肥沃にしても無駄なソイルが入っていないんで、相対的に水槽体積に占める割合が低い・・・その結果、コケずに済んでいるんだなと思うんです。

 本水槽では、養分が水中に出てきにくい環境を準備してあげられればと考えてます。

 失敗したら・・・笑って許してね

| のっけうし | 2013/11/18 06:42 | URL |

水草一番サンド、はじめてソイルを使ったのがこれでした。
それまでは砂利系のものしか使っていなかったので、
水草の成長の早さに驚きました。
水草一番サンド単独底砂でしたが、ジャンジャン茂った記憶があります。

| ミネ | 2013/11/18 10:03 | URL | ≫ EDIT

> ミネさま

 私もホームセンターで買い求めた最初のソイルがこれでした。

 その後はコケ回避のためにプラチナソイルもしくはマスターソイルに・・・

 キューバもジャンジャン茂って欲しいです!

| のっけうし | 2013/11/18 19:34 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kitamitech.blog25.fc2.com/tb.php/345-be8e0b87

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

著作権表示