画像1 画像2 画像3 画像4 画像5 画像6 画像7 画像8 画像9 画像10 画像11 画像12 画像13 画像14 画像15 画像16 画像17 画像18 画像19 画像20 画像21 画像22 画像23 画像24

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

皿式ブライン沸かし

 大切なフレンドさんのところのアピが産卵!

 たしか産卵から孵化まで3日、孵化から浮上まで3日くらい。
 浮上するとエサを食べるようになります。

 稚魚の餌に活ブラインに勝るものはないですよね。


 ハッチャー(孵化器)はけっこう体積があるし、エアレーションでうるさいので、アピ1腹なら皿式で十分だと思います。
 ググればいろんなのが出てくると思いますが・・・


 まずはこんな容器を使ってます。

皿式道具

 卵を撒くとこんな感じ。

水張って

 で、10分も待って揺すると卵が沈んで、

これくらい

 水槽のフタで押さえ込んで、水槽に装着。

水槽にin

 横から見ると、こんなです。

次の日

 24時間ほどで孵化して、水槽から取り出して光照射。

光で集合

 集まったブラインをスポイトで

茶こし

 吸い上げて、お茶パックを半分にカットしたヤツに吐き出し、水槽の水で洗い流します。

 洗浄液は気にせず、ブラインの入ってるケースへ。
 蒸発で少し塩分が濃くなってるから、ちょうどいいかな?

 一回にこれくらい。

こんくらい

 これはけっこうアピがしっかり食べるようになってからの量です。

 浮上直後、稚魚の数にもよりますが、この半分でもいいと思います。

 孵化したブラインをすべて1回で使い切るわけではなく、食べるだけ与えて、残ったブラインは塩水の中でキープ。
 だいたい2日はいけます。
 エアレしてあげたら3日はいけます。

 器を2つ準備してローテすれば、毎日新鮮な活ブラインをあげられます。


 最後に、アピの成長動画をどうぞ



写真館はこちら>フリッカー

動画チャンネルはこちら>YouTube

| アピスト | 22:37 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

うわぁぁ私にはそんな手の込んだことできなぁぁい
でも・・いつかはやってみたいかも・・・いつかはね・・・

・・・あの・・・
ブセ君を石に巻き付けるときって、ナナみたいに根っことかなるべく切ったほうがいいんですか??

| moomin | 2013/05/30 22:51 | URL | ≫ EDIT

> moominさま
 長過ぎるのはカットして問題ないと思いますよ。

| のっけうし | 2013/05/30 22:59 | URL | ≫ EDIT

のっけうしさ~ん

おいらのための記事
涙がちょちょぎれそう...ありがとうございます
実はパスワード何とかクリアできちゃいましたが、
見慣れたこちらのブログのほうが断然見やすいです~

要は24~26℃くらいの温度が必要らしいというのはわかりました

わからないのは、塩水というのは?光照射はなんのために?
茶こしからどうやって水槽内に?

この動画何べんも見たけれど出来がプロですね!
アピだけどコリ過ぎですww

| keibocchi | 2013/05/30 23:24 | URL |

うあぁ~、もしかすると僕は与えすぎだったのでしょうか?
そして今日また新たに孵化器作っちゃいました。。。
ちょっとで良いなら皿式の方がロスが少ないですよね~

| Yossy | 2013/05/30 23:37 | URL | ≫ EDIT

> keibocchiさま
 水槽の温度が25、6℃なので、水槽に浮かべてます。
 記事によっては蛍光灯の上とかを利用してる方もいますよね。でも消灯してしまうと温度が下がるので・・・
 ブラインシュリンプは塩水で孵化します。2〜2.5%、1 Lの水に20〜25 g程度。
 皿式だと1度に使用する塩水が6, 70 mLで済むんで、500のペットボトルで7, 8回沸かすことができます。
 孵化条件に光があるらしいです。この辺は先輩諸氏の言葉を鵜呑みにしています。
 水槽のガラス蓋で固定すると、照明の真下なんで光の問題も解決!
 茶こしである程度水を切ったら、スポイトで吸って稚魚がかたまっているところに集中的に出してやります。
 このときフィルターなど水流を起こす機器は停止して与えています。
 でないと、あっというまにブラインが水槽中に散らばってしまいますからね。

 いかがでしょうか?
 わかりにくいところがあったらまた聞いてくださいね。

| のっけうし | 2013/05/31 06:40 | URL | ≫ EDIT

> yossyさま
 ハッチャーを使っていた頃は、孵化したら1回分はすぐ与えて、残りは薬の錠剤の空きケース(?)に入れて冷凍していました。自家製冷凍ブラインシュリンプです。

 水質が悪化しなければ、問題なく消費されてるんだと思います。
 でも注意深く観察して、コケが増えるとかの変化があれば減らすとかの工夫が必要かもしれないですね。
 
 500 mLのボトルで孵化できる量ってかなりのもんだと思います。

 いろんなやり方があると思いますし、皿式でこまめに沸かすのは面倒だという方もいらっしゃると思います。

 要は自分にあったやり方を見つけるってことが大切だと思います。

| のっけうし | 2013/05/31 07:08 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kitamitech.blog25.fc2.com/tb.php/200-7d9027b8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

著作権表示