FC2ブログ
 
画像1 画像2 画像3 画像4 画像5 画像6 画像7 画像8 画像9 画像10 画像11 画像12 画像13 画像14 画像15 画像16 画像17 画像18 画像19 画像20 画像21 画像22 画像23 画像24

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

自然繁殖

 東京より西は依然として暑い日が続いていますが、皆さん、体調&水槽の方は大丈夫でしょうか?

 こちらは朝晩は20℃を下回り、毛布をかぶって寝ています。

 今朝、餌をあげて何気なく水槽を眺めていると・・・

コリパン稚魚

 わかります?

 明らかに小さな子が、ちょろちょろ

 5月にコリパンの幼稚園水槽を立ち上げていましたが、結局1匹しか親水槽に放流できませんでした。
 その子にしては小さすぎ

 どう考えても、水槽内の卵から孵って、一生懸命生き抜いた子ではないかと・・・

 カラシン、ラスボラが同居する水槽では無理だと思っていたんですが、かなり強運の持ち主です。
 ここまで育っていれば、もう大丈夫でしょう。

 水槽遊びを始めて8年半
 採卵から育てたり、水草と一緒に卵が移動して他の水槽で育った稚魚はいっぱいいますが、親水槽で孵化から育った子はこの子で2匹目です。

 なんだかほっこりしました。


 溢れた餌にかぶりつくミナミヌマエビさん

えびさん

 独り占めは多すぎない?ww


写真館はこちら>フリッカー

動画チャンネルはこちら>YouTube

| コリドラス・パンダ | 21:18 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

画像センターの子ですか?
本水槽で生き延び成長なんて凄いですね( ^ω^ )

自分はのっけさん達のブログでコリ飼いたいなぁって思い始め、ある方からコリを譲って頂き、今年初めて産卵し現在2ヶ月の稚魚が30匹ほど…
アクア始めて10年ちょっと、水槽は5本になってしまいました(-_-)
まだ飼ってみたいお魚さんがいるので増えそうです(≧∀≦)

| アクアおやじ | 2018/07/27 11:23 | URL | ≫ EDIT

ホント、チビコリパンって可愛いですよね!
コリの中では、コリパンが一番好きで、のっけさんの
プロフ?の画像の親子コリパン
アレ お気に入り\(//∇//)\♡

自然繁殖のコは、逞しく育ってくれるだろう
から、安心♪
コリちゃんの たまにお口 ぽかーんや
ピャッってサンド モフりながら体ねじらせる姿も
好きです♡

| ぱみゅ | 2018/07/27 12:41 | URL |

自然繁殖、ものすごい確率ですよね。

うちでも数えるほどです。

| 餅 | 2018/07/28 14:11 | URL |

> アクアおやじさま

 はい、そうです。

 今までも、リセットのときとか石や水草を取りだしたときに稚魚(ちっちゃなオタマジャクシ)は見かけることあったんですが、カラシンが同居してると成長するのは難しいなって思っていました。

 コリ稚魚、30匹もいるんですね。
 すごい
 1か月から2ヶ月くらいが一番かわいい時期ですよね。

| のっけうし | 2018/07/28 15:05 | URL |

これは嬉しい(๑•̀ㅂ•́)و✧
私はメダカやグッピーしか自然繁殖の経験がないのでスゴいなぁって思います。
自然繁殖するって事は水槽環境がコリ達にとって居心地良いって証拠なんでしょうね!
飼育者として冥利に尽きますね(^^)

| 38ch! | 2018/07/28 15:52 | URL |

> ぱみゅさま

 プロフの写真、気に入ってもらえてうれしいです。

 水槽始めて半年後くらいからどんどん産卵して、3桁は育てたと思います。
 ガンガン配りまくりましたww

 こうして親水槽で勝手に育つ子はほんとに強運なんだと思います。

 コリはほんとにかわいいお魚ですよね

| のっけうし | 2018/07/28 17:09 | URL |

> 餅さま

 やはり狭い空間に捕食者が同居してるんですから、生き延びるのは大変なことですよね。
 それでも増えてるミナミヌマエビって逞しい~!

| のっけうし | 2018/07/28 17:11 | URL |

> 38ch!さま

 コリはわりと産卵してくれるんで、採卵さえできれば育てるのはそれほど難しくないと思います。
 でも、こうしてカラシンたちのいる水槽で大きく育つのは至難の業みたいです。

 38ch!さんも丁寧に水槽を維持していらっしゃるから、時期にいろんなお魚たちが産卵するようになると思いますよ

| のっけうし | 2018/07/28 17:19 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kitamitech.blog25.fc2.com/tb.php/1100-b6ff5e9b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

著作権表示