画像1 画像2 画像3 画像4 画像5 画像6 画像7 画像8 画像9 画像10 画像11 画像12 画像13 画像14 画像15 画像16 画像17 画像18 画像19 画像20 画像21 画像22 画像23 画像24

2015年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

CO2について思うこと

 2ヶ月前にボンベが切れてからCO2添加をお休み中なのは、ときどき記事の中でお話ししているのですが・・・

 いつ頃からやってたんだろうとちょっと古い写真を漁っていたら・・・

30キューブ

 こんなのが出てきました。
 2009年12月30日撮影
 テトラの拡散筒ってヤツですよね。
 まぁなんとも見栄えが・・・

 水草も・・・これ水中で育つの?ってのまで
 でも某HCで水草として売ってたんですよ。

 ま、今日はその話じゃなくて、CO2

 水槽遊びを始めたのが2009年の晩秋でしたから、すぐにCO2に手を出してました。
 2010年の春には緑色のボンベにしてたと思います。

 以来、ほとんどの水槽にCO2を添加してました。
 信じて疑わなかったし、そこそこ水草は調子よく、お魚が調子悪いこともなかった・・・と思います。


 でもね、プレコ水槽、ソイルもないし、水草には環境悪いと思っていたんですが、ブセもミクロソもいい感じでボリュームアップするんです。
 CO2添加なんてするわけもなく、24時間常にエアレだけ



 で、今回のボンベ切れとともにCO2に別れを告げて、水草水槽もエアレに切り替えました。


 でね、ちょっと考えてみたんです。
 CO2添加とエアレ・・・


 川とか考えたら、まずCO2だけが添加されてるなんてないわけじゃないですか。
 水上の植物だって

 川は常にかき混ぜられながら水が流れ・・・そのときに空気中のガスが水に溶け込むわけですよね。
 空気中の二酸化炭素、およそ0.04%
 それと一緒に酸素や窒素も水に入り込むわけで、お魚たちにとっても水草にとってもそのバランスがこれまで慣れ親しんだバランスなのではないか・・・と


 いや、きっとね、成長がゆっくりな陰性水草、ブセやボルビ、ミクロソにとってはそのくらいのCO2濃度でも十分なのではと思うわけです。
 実際、ブセの新芽の成長度合いがかなりいい感じなんです。

 パールグラスとかロタラとか前景草みたいに高光量を要求するような水草には合わない話なんだろうとは思うのですが

 CO2が光合成に必要なことは当たり前
 私たちが呼吸で酸素が必要なことも当たり前

 でもね、酸素濃度が高すぎる(正確には酸素分圧ですが)と酸素中毒を引き起こし、命が危険に曝されることもあるわけで・・・
 なら、光合成するからといってCO2を強制的に与えられる状況って、見栄えは良くなっても健康じゃないのかも・・・って思い始めて・・・

 ただ今、実験中といったところです。


写真館はこちら>フリッカー

動画チャンネルはこちら>YouTube

| その他 | 23:01 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

赤と緑

 1週間のご無沙汰でした。
 みなさん、お元気でしたでしょうか?

 のっけ地方、寒い日が続いています。
 毎日どんより曇って、シトシト小雨が・・・
 お日様が顔を出すと一気に暖かくなるのですが・・・

 なかなかゆっくりブログに向かえる日が取れませんでした。
 金曜日は深酒し過ぎてフラフラ
 翌土曜日は朝一で車を走らせて帯広へ
 約3時間かかります。
 まじ、意識が遠のいて、そのまま・・・かと思いました。

 なんとか無事に業務をこなし、今日、夕方に舞い戻りました。



 特にこれといって水槽の話題もないのですが・・・

 60ワイド水槽にいるレッドファイヤの子孫がブセ・クアⅡの葉の上にいました。

エビとブセ

 赤と緑

 マクロレンズで狙ってみたいです。
 わずか1匹になりましたが、ミナミと交配することで赤の血を引くエビは確実に居着くことになりました。
 いまでは30匹は下らないと思います。
 まぁ、赤の強さはだんだん薄くなってきてはいますが・・・


 クアⅡの株

ブセ・クアⅡ

 60ワイドのブセは濃い緑、青みがかって見えます。



 60ワイドで育つブセ・シンタン・ムラウィ

ブセ・シンタン・ムラウィ

 大きな丸い葉を展開するんで、混ざっても他のブセとは見分けがつきそうです。
 ただ、名前がこれでいいのか不安www
 ググっても出てこない orz
 ブセ・ムラウィなら出てくるんですけどね。

 ブセの流れで・・・
 ストック水槽の方のクアⅡは・・・

 こんな感じです。

ブセ水槽

 照明の違いもあると思うんですが、見た目でもこちらのクアⅡは少し黄色が強く見えます。
 流木に付けて高さをかせいだ株になりました。


 その手前にあるクアラクアヤンⅠ

 ブセ・クアⅠ

 一時期黒ヒゲさまに侵されそうだったんですが、酢で〆てやりました。


 その横のカユラピス

ブセ・カユ

 こっちもちょっと黒ヒゲトッピングが多くなってきていたんですが、10日ほど前に酢でキュッと絞めちゃいました。


 ボルビの下でひっそりと増えつつあるシンタン

ブセ・シンタン

 うちでは一番育ちが遅いブセかも


 さて、CO2が切れてしまい、添加をストップしてから早いもので2ヶ月経過しました。
 基本的には30分エアレーションして、30分休むを繰り返しています。

 でもブセやミクロソリウム、ボルビに成長の遅れは見えません。
 むしろ新しい葉の展開スピードが上がったんじゃないかとさえ思えます。

 きっと有茎草や高光量を要求するような水草には合わないかもとも思うんですが。

 今のところ新しいCO2ボンベは用意する予定はありません。


写真館はこちら>フリッカー

動画チャンネルはこちら>YouTube

| 水草 | 23:08 | comments:24 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

窓際族【解答つき】

 昨日は霧雨、どんより曇って、寒くてカーディガンを羽織りました。

 今日はピーカンの青空、暑くて裸族になりたいくらいです。

 さて、4月初旬にオホーツク海沿岸部を経由してうちにやってきたゲイラージ(通称:ニューラージパールグラス)
 すぐに8cmキューブの三存石組に仕立て上げられたり、

三存石組

 ダイソークォリティには見えないグラスに植えられたり

シャンパングラス

して、窓際に放置されてきたわけですが、まだまだ雪が残っていたのっけ地方・・・

 なかなかスイッチが入らず、1ヶ月経過したGWあけでもこんな状態でした。

三存石組

 それからさらに1ヶ月半ほど経過した今・・・

 寒い日があるとはいえ、お天気の日には強力なお日様が差し込んでいます。

 さぁ




 さあぁ






 どうなってると思います?

1.モサモサの緑の絨毯
2.忘れられて干涸びた茶色の絨毯
3.これは新種のブセではないかというくらいゆっくりした成長
4.中がどうなってるかわからないくらいコケまみれ

 さぁどれ!

 答えはコマーシャルのあとで♪
 (8:25アップ)



【コマーシャル】

 (15:00)

 はい、コマーシャルがあけましたwww

 おふざけにお付き合いいただき、あいがとうございました。

 それでは正解発表させていただきます。

ドゥ












 ジャジャン

ゲイラージ1

 さらに   ドン

ゲイラージ3

 これ、使い回した写真じゃないですよ
 正真正銘、今の写真です。
 スタートから植え替えやトリミングなど一切行っていません。

 ということは〜

 正解は〜〜〜

3.これは新種のブセではないかというくらいゆっくりした成長

でしたぁ〜

 え、え、なんて?
 ラッスンゴ〜レライ♪ ラッスンゴ〜レライ♫
 のっけの水槽、ラージが増えない


育成環境:
三存石組
 底床 > プラチナソイルスーパーパウダー + テトライニシャルスティック、Feエナジー粒状
ダイソーグラス
 底床 > ブルカミア規格外小粒 + テトライニシャルスティック、Feエナジー粒状

 照明 > 太陽
 CO2添加なし
 エアレーションなし
 生体 > ラムズホーン
 換水なし(差し水のみ)
 コケ掃除なし

 自分でもビックリなんですが、モサモサにならないんです。

 おそらく・・・
1.蒸発防止にフタしてるために、強い太陽光で光合成に必要なCO2をすぐに消費しきってしまっている
2.エサは与えていないため、窒素、リンが不足している
といったことが主な原因ではないかと・・・

 強い光を浴びているのに、コケがつかない!
 ダイソーグラスは20キューブくらいの大きさなんですが、ガラス面にもコケつきません。
 いえ、一時期は茶コケが出たんですが、ラムズを入れたら消滅しました。

 2週間ほど前から鉢物用の液肥を注射でソイル中に打ち込むようにしたんですが、茂りが良くなってきたような気がします。

 もしかしたら、そのためにコケが襲ってくるかもしれませんが・・・

 う〜ん、悩ましい状況です。


写真館はこちら>フリッカー

動画チャンネルはこちら>YouTube

| 水草 | 08:26 | comments:26 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

古参の赤い亡霊

 お迎えは2012年11月23日

 街のホームセンターで出会いました。

 クリスマスをコンセプトにした水槽を立ち上げたくて



 25キューブにお迎えしました。
 2年半前の動画です。

 なんだか泳ぎも若々しいです。

 それから2年半が過ぎ去り

レッドファントム2

 残っているのは2匹になりました。
 うち、1匹は腰も曲がり・・・

 それでも元気に餌を食べています。

 昨年11月にお迎えした新顔の赤い亡霊もそこそこ赤くなりました。

レッドファントム1


 スケスケファントムと名付けたお迎え当初からするとだいぶましになりました。

 紅い月や古参のレッドファントムにどこか遠慮気味です。
 でも、餌の時間だけは遠慮ナッシング



 あまり露出のない縁の下の力持ち

ネグロ

 ネグロくんです。

 3匹でブセの葉や石をモフモフしてくれています。

 でも、この子たちもコリの餌に遠慮なくかぶりついてきます。

 赤ちゃんを見てみたい気もしますが、赤い亡霊が同居してたんじゃ、無理ですね。





 ぽけら〜っと眺めていたい60ワイドをちょっと長めの動画にしてみました。



 CO2添加をやめて2ヶ月経ちます。

 30分エアレして、30分お休みを繰り返しています。

 エアレが止まると、コリパンたちがモゾモゾと動き出します。
 エアレでいつもとは違う水流ができて、なにか美味しそうな匂いでもするのでしょうか?

 ひとしきりみんなで探索すると、また流木や石の陰でお昼寝しています。

 ブセやボルビ、ミクロソだけだと十分調子いいです。
 CO2不要のシステム、懐にやさしいです。


写真館はこちら>フリッカー

動画チャンネルはこちら>YouTube

| レッドファントムテトラ | 23:00 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

AQUA LIFE 7月号

 買いましたよぉ~
って、叫ぶことじゃないですね

 いや、いいっす!
 中身のことは著作権に触れるんで・・・

 でね、18ページの真ん中の写真、“ニューメガクラウン”ってやつですか、何と美しいフォルム
 くっきり、はっきり、縞模様
 背びれ、尾びれの先まできっちり入ったライン模様
 惚れぼれします。
 ポスターにして貼っておきたい!

 ブリーダーさん4人も、惜しげもなく手の内を見せていただき・・・といっても、絶対隠してあることもあるんだろうなとは思いますが・・・

 う~ん、満足いく1冊でした。
 プレコをお考えの方にはお薦めの1冊ですね。


 うちの稚魚たち、元気です!

 写真でとらえた2腹目

キンペコ

 じっとしてるんで、写しやすいはずなんですが、とにかく暗いところなんで・・・
 シャッタースピード1/5です。
 手持ちです。
 笑って許してwww



 動画の方がピントあってますね

 4腹目もすっかりプレコらしい姿になりました。
 2匹とも元気です。


写真館はこちら>フリッカー

動画チャンネルはこちら>YouTube

| プレコ | 21:07 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

うちの主はアイバンド

 お魚の色シリーズ、書いてて楽しくなっちゃいました。

 色で続けるのも“あり”だけど、少しお休み
 今日は、うちの主役をご紹介。

 2009年の12月13日お迎えのコリドラス・パンダ
 群馬から飛行機に乗ってやってきました。

 その後、順調に繁栄して、育て上げた子は100を越えると思います。
 いろんな方にもらっていただいたり・・・押し付けたり・・・

 今は60ワイド水槽に16匹、60ブセストック水槽に3匹います。

 60ワイドの子たち

コリパン1

 かわいい子です。
 でも、背びれの黒が少し薄いでしょうか?


 この子の背びれなんて

コリパン2

 ほとんど黒がないですね。
 でも、かわいいんです
 うちで生まれ育った子たち・・・ですから。


 この顔、まさにショートノーズですね

コリパン3




 こっちはブセ水槽にいるコリパンです。

コリパン4

 たしかF2か3にあたる子だと思うのですが・・・
 わりと濃い黒が出ています。
 体全体が黒っぽいですね。
 ガングロ?


 ブセの葉の上でまったりしたり

コリパン5


 ブセ水槽のもう一つのアイバンド

アドル1

 アドルフォイです。
 おでこのオレンジがワンポイント、かわいいですよね

 うちには2匹います。

アドル2

 この子の方が体格いいんですよね。
 メスかなって思ってるんですが・・・
 それっぽい行動は全然ありません。

 アドルだったら増えて欲しいなぁ・・・


 コリは、ジュリーが1匹、コチュイが1匹、60ワイドでパンダたちと仲良く暮らしています。

 いろんなコリをお迎えしたいという欲もあるんですが、パンダがいっぱいいるんで、今のところ増やせないなぁってところが悩みと言えば悩みですwww


写真館はこちら>フリッカー

動画チャンネルはこちら>YouTube

| コリドラス・パンダ | 19:55 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

煌めく青

 青いお魚というとネオンテトラ、カージナルテトラが代表・・・ですよね。

 うちにも昔はネオンテトラがいたんですけどね。
 2011年の暮れ頃はまだ写真に写ってるから・・・2年くらいはいたのかな?

 産卵もしてくれたんですよ。
 なんだかぶつかり合いみたいにオスとメスが絡むと、パラパラパラって卵が・・・
 すぐに食べられてました・・・orz

 いまうちにいるのは

アクセルロディ・ブルー1

 アクセルロディ・ブルー

 メタリックに輝く青が好きです。

 丸2年になるみたい・・・です。
 8匹います。

 とにかくちょこまか泳ぐんで、なかなかきれいに撮れません。
 結構な枚数を撮った中で、比較的ピントのあったものを選抜!ww

アクセルロディ・ブルー2

 お腹は暗いワインレッド

 ヒュン〜、ヒュンって泳ぐんで・・・

アクセルロディ・ブルー3

 これなんかちょっとグリーン系にも見える・・・かな?
 光の当たり具合でも変わります。


アクセルロディ・ブルー4

 群れてても、あんまり目立たないですね(笑)


アクセルロディ・ブルー5

 おんなじような写真ばかり

アクセルロディ・ブルー6

で、気づいたんですが、ピントが合った子、みんな左を向いていますね。

 きっと、私の”くせ”がそうさせてるんでしょうか?
 左向き♪


写真館はこちら>フリッカー

動画チャンネルはこちら>YouTube

| アクセルロディ・ブルー | 14:51 | comments:30 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

透き通った赤

 私は赤が好きなんだろうか・・・

 紅い月の赤とは少し違ったニュアンスの赤
 なんだか透明感のある赤

 真っ赤なお鼻の・・・

ラミーノーズ1

 この子もうちに来て5年近くが経過します。
 ホームセンターから10匹でお迎えして、ポツラ、ポツラとダイブしたり水槽の中で息絶えて行くものがいたりでしたが、4匹が生き残っています。
 昨年8月に5匹追加して、現在9匹

ラミーノーズ2

 陰性の水草とよく合うと自画自賛www

 お腹のあたりまで赤さが広がっているのが

ラミーノーズ3

 少し自慢だったりします。

 いつも水槽の前面、中層から低層を遊泳しています。
 まぁ、食い意地は大したもんですけどね(笑)


 照明が落ちるとものの見事に赤が消えていきます。
 どうやって調整してるんでしょうね?


【キンペコ稚魚通信】
 今日はサテライトから出して身体測定してみました。
 産卵確認からおよそ3週間が経過しました。

キンペコ稚魚3週

 白いドットの間隔が2.5mmなんで、鼻の先っちょからしっぽの先までで20〜25mmといったところでしょうか?
 バンド模様もかなりしっかりしてきています。

 これまでの繁殖で、水槽内で気づいたときの大きさはこれより小さかったと思います。
 おそらく卵嚢がなくなってすぐくらいの時期だったんでしょうね。

 しっかり食べさせて、グングン大きく育てようと思います!


写真館はこちら>フリッカー

動画チャンネルはこちら>YouTube

| ラミーノーズテトラ | 19:40 | comments:36 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

紅い月の戯れ

 60規格水槽の主役・紅い月こと赤いベタさん

 お年のせいか、なんとなくぼんやりと過ごしている時間も長くなった気がするのですが・・・
 よくブセの葉蔭でボォ~ッとしています。

 でも・・・

 ときおり、タンクメイトのレッドファントムめがけて突っ込んでいきますwww



 レッドファントムの方が俊敏なんで、何の苦もなくかわしているようです。
 レッドファントム以外には突っかかっていきません。

 色に反応してるんでしょうか?

 ボケ防止にちょうどいいのかもしれませんね。




 さて、1週間ほど前に報告したキンペコ稚魚の続報です。

 あの時点では3匹いたんですが、数日後、1匹が☆に・・・
 まだ大きな卵のうを抱えていました。

 2匹はその後も順調です。
 2,3日前には卵のうもほとんど見えないくらいになっていました。

 冷凍のベイビーブラインとグロウEをふやかして粉々に砕いた餌とミックスで与えています。
 竹炭の筒の中にいるんで、ちゃんと食べているかはわからないんですが、しっかり体ができるまでは隔離でいこうと思っています。


写真館はこちら>フリッカー

動画チャンネルはこちら>YouTube

| ベタ | 19:41 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

浮上

 アピ稚魚?
 いえいえ、うちにはアピはもういません


 ラミレジィ?
 いえいえ、ラムもうちには今はいません

 んじゃあ なにが浮上したんでしょう???





 プッカ〜〜


















浮上

 おぉ〜〜、みごとに浮上しましたwww

 なんでこんなことになったかと言いますと・・・


 60ワイド水槽、立ち上げが昨年の暮れなんで、そろそろ半年近く経ちました。

60ワイド手入れ前

 先日、左前はクリプトからエキノに植え替えしたんですが、それ以外はほとんどいじらずにここまで来ました。

 右奥の底面Fのポンプがちゃんと稼働しているのか確認もしたかったし

 密になってる株は間引きたかったし

 基本、活着系ばかりですから、撤去は簡単♪

 で、抜いて行ったら、プッカ〜

 アハハハハ、だって拾い物ですからねぇ
 そんでも半年水中にいて、いまだ浮くとは
 根性あります。

 黒ヒゲがついてた細枝流木とか酢で〆て、もとに戻したんですが・・・

60ワイド手入れ後

 ま、たいして変化ありませんが、大掃除にはなったかな?
 底面Fもなんとか動いていることを確認できたし、
 ボルビとか後ろに隠れていたブセとか間引きできました。

 あと、ほとんど姿を現すことのないトランスルーセントグラスキャットが2匹とも健在なのを確認できたのも収穫だったかな

 次の大掃除は年末・・・でしょう


写真館はこちら>フリッカー

動画チャンネルはこちら>YouTube

| 60メイン水槽 | 17:00 | comments:17 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

著作権表示